葉っぱの「??新しい日常??」に、勝手に呼応して。

私もわからない。

コロナ後の「新しい生活」って何?

それが、さも正しい生活様式のように言われているが、絶対違う。

「人との触れ合い」を避けることを推奨されるなんて、絶対イヤだ。

リモートで会議や打ち合わせはできるでしょう。仕事もリモートで可能であるなら、それもありかもしれない。

でもリモート飲み会って何? 楽しいの? わからない。

私は会って話したい。顔を見合わせて大声でワハハと笑いながら、隣の友人の肩を叩きたい。「何を言ってるんだか」と、隣で笑われたい。「アホとちゃうか」といって、友人を軽くこづきたい。

リモートで成立する仕事も、やはり直接会ってコミュニケーションを取ることで、生まれる何かがあるのではないだろうか。実はそれが1番大切なものだったりしないだろうか。

感染予防に、人との物理的距離を取る必要性は分かる。でもそれが、あたかも正しいありようで、新しい生活様式であると言われても、なんだかな・・

やっと始まった学校。子どもたちが同じ方向を向いて、静かに、お喋りもせず、黙々と給食を食べている様子をテレビで観るにつけ、何だか異様に感じてしまうのは私だけではないと思う。

休み時間も、彼らは友だちとじゃれ合うことができないのだろうか、と心配してしまう。

小学生や幼稚園保育園児などは、友だちと時に揉めながらも遊ぶ中で学ぶ経験が1番大切なのに。そこから得るものがタカラなのに。

先日私は、紫陽花が見頃の公園に近くの友人を誘い出し、ベンチに座ってお喋りをした。ほんの小一時間の事だけど、すごく楽しかった。そんな時間に飢えていたから尚のこと。

子どもだって同じだと思う。

人と充分に触れ合える、以前のような世の中に、早く戻ってほしい。 もうやだ〜 (悲しい顔)