ムーラン(林)です。

去る7月17日、「津村先生(つんつん)を偲ぶ会」がありました。

つんつんと関わったたくさんの人が駆けつけ、とてもいい会でした。

私は久しぶりに会う懐かしい顔も多く、つんつんが繋げてくれたご縁を改めて感じました。

奥さまと息子さんのご挨拶に涙が出ましたが、たくさんの人が集い、笑顔のつんつんの写真と歌声を聞きながら、それぞれの思い出に浸りました。

それは、「つんつん還暦祝い」のパーティーの時のように賑やかな集まりでした。

あちこちで知り合いに会えて。

でもそこにつんつんの姿はなかった。主役はつんつん、というところは同じなのに、でもつんつんは居ないのです。

何で居ないのだろう‥そう思うと、寂しさが改めて込み上げてきました。

でも、会場のそこここにつんつんの笑顔の写真があり、その笑顔はいつものあの笑顔。

そして見覚えのある愛用品の数々。

流れるつんつんのギターと歌声。

姿はないけれど、そこには確かにつんつんを「感じる」ことができました。

集う皆の真ん中に、間違いなくつんつんは居たのです。

きっと、皆の様子をしっかり見ていてくれたことでしょう。

「お〜、暑い中たくさんの人が来てくれたなぁ。みんなありがとうな〜。元気で暮らしてな〜」

‥‥そんなつんつんの、のんびりした声が聞こえた気がします。

これからも、姿は見えなくとも「感じる」事はできるのだと思ったら、寂しさが少し和らぎました。

そんな風に思うことができる「偲ぶ会」でした。

 

コロナ禍、会場の準備や全体の流れにとても気を使って頂き、「偲ぶ会」を執り行って下さった奥さまとJIELの方々に心から感謝します。

ありがとうございました。