ムーラン(林)です。

ピンポーン。

ある日の昼下がり、玄関のチャイムが鳴った。

インターフォンから聞こえてきたのは「〇〇です。」 ありふれた苗字、そしてしゃがれたおじさんの声。

私は警戒心丸出しで「どちらの〇〇さんですか?」と聞いた。

すぐに「〇〇 〇です。」とフルネームを名乗ってくれた。

「えぇ〜っっexclamation and question」誰だかすぐ分かった私は叫びながら玄関を開けた。

そこには、30年以上会っていなかったその人が笑っていた。

若い頃、夫も含め仲が良かった人。少し年上だけど、気さくで話しやすくて。

一緒にいろんな所に遊びに行き、楽しい時間を共有していた。思い出は数知れない。

が、先方の事情でなかなか会う事が難しくなり、遂には年賀状だけの関係になってしまっていた。

でも、お互い子宝にも恵まれ、幸せに暮らしている事は知っていた。そして今や孫もいる事も。

驚き、叫びながら玄関に出た私に「ムーラン?」と懐かしい笑顔。

「うん。」と私。

お互い面影はあるものの「全然変わらんね〜と言いたいけど、それなりに年取ったね、お互い。」

「ホントだよ。」と言い合い、笑った。

ちょっと涙が出そうだった。

彼は年賀状の住所だけを頼りに、スマホで検索しながら訪ねてきてくれたのである。

「分からなかったら諦めて帰ろうと思った。でもここまでちゃんと来られたよ〜」と。

すごくいろんなことがあって、いろんな経験をして、たくさんシワもあったけれど。

でもその人は相変わらず、気さくで親しみやすい人そのままだった。

夫はたまたま出掛けていて会えなかったのだが、その後連絡して翌日会いに行った。

また繋がることができた。再会できた。 ありがとう。思い出してくれて。

長く生きていると、こんな嬉しいサプライズもあるものなんだな〜と思った。

他にも、長い間年賀状だけの関係になっている古い友人が何人かいる。

私も住所とスマホを頼りに訪ね歩いてみようかな。

お互い「年取ったね〜」と笑い合えるだろうか。