ムーラン(林)です。

何かを「必死に頑張ってやる」ってことは、およそない私だが、今回ばかりは頑張った。

何をか、というと、お習字である。以前にもココに書いたことがあるが、お師匠さんは津村先生の奥様。

おしゃべりして、コーヒーを飲んでと、いつも何がメインだか分からない状況だが、とても楽しく続けている。

その書道教室の「書作展」が23、24日にあった。年1回で、今年で4年目である。

毎年自分が書きたい文字を書かせてもらえるのだが、今年、私はまず「日日是好日」と友人にもらった色紙に書いた(正確には色紙には書かず半紙に書いた物を貼った)。これは比較的早く出来上がったのだが、問題はもう一つの作品でして。。

4人で、「春、夏、秋、冬」をテーマとした四つの漢詩をそれぞれ書くことに挑戦した。(もちろん、有名書家のお手本ありですよ)

1人の生徒さんが「夏」を書いていると聞き、残りの3つを、例によっておトボケなおばさん3人(はい、ニンカン生)が軽いノリで乗っちゃったのである。

因みに私は「春」担当。

しかし、それは「半切」と言う、大きな紙に書かなくてはならない。

「夏」を書いたのはずっと書道をやっている方で、若いし、私たちとはレベルが違う。

 

立って書かなくてはならないほど大きな用紙に、2行14文字。

大丈夫か? 私たち。 いえ、全然大丈夫じゃなかった・・・

「この字は上手く書けたけど、こっちがダメ」とか、あまりの字の多さに私など字を飛ばしたり・・(漢文で、意味をとらえて書くところまでの余裕はなく、ひたすら文字を並べて書いているだけなのでこうなる)

何度挫折しそうになったことか。

「エライものに手を出してしまった・・」と、本気で後悔した。

 

でも4部作。1つ欠けても、それは何だか申し訳ない。 スキルもない上に、集中力に欠けるおばさん3人、頑張りました。

泣きそうになりながらも、何とか。

 

不思議なもので、必死になっても書けない時は全く書けない。

でも突然、気持ちよ~く書ける時が来るのです。結局その一枚がベストとなる。

そのあと「もう少し」と思って頑張ってみても、やはりそれ以上のものは書けない。

タイムリミットのギリギリ、何とか書き上げることができた。

書作展のその日、大きな4部作がそれぞれ立派に表装され展示されているのを目にして、感動した。それは圧巻だった。

 

頑張った甲斐がありました。 全くもって無謀な挑戦だったが、それなりに何とか形になり、大満足。

多くの友人たちが見に来てくれて、褒めてくれて、嬉しかった。

 

今年も終わろうとしているが、私は最後に今年一番の頑張りで一年を閉められる気がする。

(いや・・まだ年末の大掃除があった・・頑張るべきものが・・はぁ・・)

写真は恥ずかしながら、私の作品です。