ムーラン(林)です。

以前、東日本大震災時の福島第一原発、故吉田所長のリーダーシップについてココで書いたが、今回のコロナ禍においてもリーダーについて感じることが大きい。

少し希望が見えてきた新型コロナだが、まだまだ闘いは続く。

そんな中、私が日ごろ感じていること。

国、都道府県、各部署リーダーたちの対応、顔、話し方について。

やはり、有事にこそ、その人の本質が見える、というか、感じられる。(具体的に誰がどうこう、とは言及しないでおく。)

起きてしまったことを、つらつら語っていても仕方がない。

今ある状況の中、どうすれば少しでも前に進むのか、クレバーかつ柔軟に考え、迅速に事を実行する。

そして、それを発信するその顔には「覚悟」が見える。

誰にどう言われようと、結果に効果が表れなかったとしても「その批判は自分が全て受けよう」という「覚悟」と「勇気」。

リーダーのその「覚悟」を感じた時、人々は「このリーダーでよかった。ひとまずこの人の言う通りにしてみよう。」と思えるのではないだろうか。

反対に、言葉だけが上滑りし、「覚悟」の感じられないリーダーには「ついていこう」とは思えないのではないだろうか。

話し方も重要で、同じような内容だとしても、その表情や話し方で、その内容に気持ちがこもっているかが感じられ、心への響き方が違うと思う。

 

私は、偉そうに上から目線で人を評価する立場には決してないし、そんなつもりも全くないが、このコロナ禍、リーダーたちの「違い」をとても感じる今日この頃である。