榊原(葉っぱ)です。

孫がよちよち歩くようになった。
5、6歩行っては倒れてしまったり、急ぐ時ははいはいの方が速いのではいはいになってしまったり、
まだぎこちないが日に日にその歩数は増えてきているように思う。

歩くことが楽しいようで、満面の笑みでこちらに向かってくる。
歩くことが上手になったら、もうはいはいはしなくなってしまうのかな。
それはそれで寂しいような・・・。

子どもって毎日全力で遊んでいるのだなと思う。
そして、できなかったことがいつのまにかできていたりする。
届かないと思っていた所も、背伸びをしたり何かを足台にしたりして、知らぬ間に届いたりする。
毎日が一生懸命。そんなかわいらしい姿を見ていると、こちらも元気がでてくる。

ファーストシューズを買ってもらったらしい。
しかし、シューズをはくと気になって歩けなくなってしまうのだそうだ。
ファーストシューズをはいて外で歩けるようになるのはいつかな。
そう遠くない日のような気がするが、ばあちゃんは楽しみにしているよ。

靴箱の奥に、息子と娘のファーストシューズがしまってあるのを見つけた。
記念にと取ってあったのだろう。
そのぼろぼろのファーストシューズ、いっぱい歩いたのだろうな。
たくさんの思い出があったのだろうな。

だけど、その頃のことは何も思い出せない。
息子は娘は笑顔で歩いていただろうか。
毎日一生懸命遊んでいただろうか。
きっとたくさんの楽しい思い出があったから、捨てられなくてしまってあったのだろうと思う。

思いがけず出てきた息子と娘のファーストシューズ。
孫がファーストシューズをはいて歩けるようになったら、息子と娘に見せて捨てようと思う。
娘は「何?そんなぼろぼろの靴、捨てて、捨てて。」と言うと思う。
きっと言う。
息子は何と言うかな?「もう少し取っておいて。」って言うかな。

孫のファーストシューズ。
パパとママがあちこちのお店で探したシューズ。
シューズフィッターさんに選んでもらったシューズ。
12.5センチのアシックスのネイビーのシューズ。
これから孫と一緒に砂場で砂まるけになり、水たまりにはまり、回転木馬に乗るのだろう。
楽しみだね。